読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つです。

業者じゃないよ。

バレンタインとアスコンのお話

イベント

今週も休日出勤となりましてテンションの低いつですコンニチワ。
まずは今年もかわいい衣装をありがとうございます!
気が付けばバレンタインイベントも終わり、じわりじわりと年度末の気配がして参りました。


2.4後期の情報とかバージョン3の発売日なんかも分かったりして、先の楽しみは増えるばかりですなぁ。いいゲームに出会えてよかったよかった。

それにしてもバレンタインイベント、自分はリゼロッタに入れたのですがまさか本当にリーネが優勝するとは・・
どうもご利益を期待している人が多かったようなので、これから1年間存分に合成で痛い目を見て次のコンテストに臨んでいただきたいと思いますね?w

そしてどうしても出番の久しいバージョン1.xの登場人物たちが下位にまとまってしまっているので、この辺りも次に期待したいですね!
バージョン3のストーリーのために配信クエをクリアしておく必要があると公式のアナウンスがあった通り、再び五大陸にもスポットが当たりそうなのが非常に楽しみであります。

けがれの大蛇とか、ゾンガロンとか、そろそろ思い出してあげたい。
ピュージュの持ってた人形とフウラの家のあの子たちとか、一見関係なさそうなところが繋がったりしたらアツいです!



・・という妄想はほどほどにして現在開催中のアスコンの話です。

いやはや見事一次審査をくぐり抜けた40名の皆様、どなたも素晴らしい写真と紹介文で楽しませていただきました。
コンセプトというかストーリー性というか、やはり選ばれるだけあってそれぞれの世界観がしっかりしてるのが。実に。

実にすばらしく。

それは自分のセンスのなさを再確認することにも。。

いやね、今年はちゃこのレベルも上がったことだし何か撮って応募しようかなと考えてたんですよ。
考えてはいたんですが・・むずかしい。むずかしいです。

レベル上げとか金策とかボス戦とかと同じように、撮影するロケーション、家具や庭具、しぐさ等のそれぞれに対しての知識と経験が、写真という世界では確かな差になるんだなぁと思い知りました。
眺めてるだけでは分からない凄まじい撮影技術がそこにはあった!


で、自分はこんな写真を撮るのに数時間かかったわけですw
巨大なモンスターを何食わぬ顔で倒して歩くちっちゃい子の絵が欲しかったのですが、まぁシャッタータイミングだけ取っても難しいのなんの。そもそもこの写真も微妙にカメラが寄り切れなかったり中央を外してたり歩きのポーズが決まらなかったり・・ぐぬぬぬぬ。

それでも、おにこんぼうを倒す係のお兄ちゃんがラッキーペンダントを2つ手に入れるというサプライズの中、サーマリの雨の多さに泣きながら頑張った記録なので。。
供養のために記事にしておきました。失礼しました。

うちの子は誰よりかわいいのになー(親ばか)