読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つです。

業者じゃないよ。

嗚呼調理職人

調理01

バージョン2.1で追加された調理職人に、予定通りポン君を就職させてまいりました。
見てくださいこのフライパンを振る姿。可愛すぎる。

んで、いきなりですがこの調理職人。
正直儲かるわけがないと思っています。

少なくとも今は。

まず第一に、新しい職人なので大量に人が参入してますよね。
更に全員レベル1からなのでレベルを上げるために生産物が溢れて安くなる&素材が足りなくて高くなるという悪循環。

そして第二に、そもそも料理を食べる必要性が今のところないということ・・
いかに性能がよかろうと、金を出して買う消耗品である以上は無駄遣いするわけにはいかないわけで。

大体バザーのどこを探したら食材やら料理やら出てくるのかもよく分からない現状・・一体誰が買うというのでしょうか。

調理02


今の段階ではひたすら赤字を出しながらレベルを上げ、いずれ来るかもしれない需要に備えておくしかないかと思われます。
写真はどうせ売れないのでお兄ちゃんが全部食べるしかないの図。


調理03


ちなみにこの調理職人、どんなものかといいますと。
ひたすらフライパンの上で具材を加熱していくゲームです。
スープだろうがサラダだろうが、焼くだけで出来ますw

他の生産系と違って場所を選択するわけではなく、毎ターン全箇所へ同時に数字が発生するのが特徴。
フライパンの位置によって火力が違うので、焼き具合のメーターを見ながら具材の位置を入れ替えて均等に火を通していくようなイメージです。

んで、数値があるからには基準値があるのだろうとまずは一番簡単(具材は1個のみ)なクイックケーキに対して数値を取りながらチャレンジ。


61→☆

65→☆

62→☆☆


うん、これは63ぴったりで☆☆☆だな!!!


63→☆


!?


その後60ちょいの辺りで☆を繰り返し・・
さっきのは何かの見間違いだったのかとちょっと冒険。


71→☆☆


!!?


これは・・これはもしや・・
鍛冶と同様、毎回基準値が変わるやつですね・・?

しかも見ての通り、鍛冶と違ってゲージに緑の目安すらない!
完全に会心頼りの、そしてそれがぴったりなのか手前で止まったのかの判断も付かない超絶運頼みという仕様なのでは・・


だとするとまだレベルも低いので、ねらい系の特技を覚えないとスタートラインにも立てない感じですね。
この苦痛を乗り越えた先に旨みが待っているかもしれませんので、細々と頑張りたいと思います・・