つです。

業者じゃないよ。

レベル68以上の魔法使いは使えない?

今やレベル上げといえばガルゴル・イーター・バザックスというぐらい流行ってるバザックス、とりわけサポート3人を連れていく通称サポックスについてのメモです。

バージョン1.4では魔法使いが新たにイオナズンを覚えますが、現状の攻撃魔力ではイオラの3倍近い消費MPに見合う威力ではないため、その燃費の悪さが疑問視されています。
でもサポート魔法使いはそこまで空気を読んでくれるわけではないため、サポックスに連れていくならレベル67以下の魔法使いじゃないとダメ!という見解が主流となっています。

・・とはいえ、今後のバージョンを考えるとフルパッシブで良装備でLv67なんていう都合のいいサポートキャラが捕まるとも思えませんので。。

現状Lv68以上のサポ魔法使いがどんなもんかと試してみました。

なお連れていったのは大体こんな↓感じの魔法使い。
 レベル68以上、攻撃魔力450、最大MP350、消費しない20%

上記を引き連れ、ちょうど同じレベルの3職がいたのでそれぞれ比較してみました。


■レン(Lv69)+魔法使い2人+回復役 (85597p)

レン玉給01

開幕ぶきみに加えて怒り前におたけびを入れる安定志向なサポックス。
自分の職によって暇なターンに回復補助をしたり攻撃補助をしたり色々です。
若干混んでましたがまさかソロタコに劣る結果になるとは・・w

■僧侶(Lv69)+魔法使い3人 (105082p)

僧侶時給01

自分が回復役になる分合計火力が上がる構成。
ここでも開幕ぶきみを入れたいので魔力が意外に重要です。
実は最後2分残してレベルがカンストしちゃったのでもう8000程度は出せたはず・・

■スパ(Lv69)+魔法使い3人 (120023p)

スパ時給02

スマイルあり火力あり蘇生なしという玄人向けなサポックス。
ただスマイルを入れる代わりにぶきみをする余裕がありません。
今回の面子ではぶきみありの魔法使い3人だと宿戻りが1回で済んだのに対して、ぶきみなし魔法使い3人では宿戻りが2回必要でした。
その上で総額を比べると、将来性は断然こっちに分がありそうですね。

と、いうわけで。


結論:
 別にイオナズンありでも十分稼げると思います


ぶっちゃけるとイオナズンの有無は大した問題ではなく、数字はどちらかといえば狩り場の混雑具合に大きく左右されると思います。
もちろん比較をするならLv67以下の魔法使いを集めた構成での結果と行うのが妥当っていうのは分かっているのですが何しろ面倒で(おい)

そもそもはハイスペックな魔法使いさん達が既にLv68を超えちゃってることが問題になっているわけで、けど実はそこまで気にしなくてもいいんじゃない?っていうのが今回の趣旨なのでこれはこれで満足です。

参考までにどうぞ。